シンプルな道具は、そのまま人間の感覚とつながりやすい。

道具と身体を馴染ませるのにアナログ的なチューニングがいるが、慣れてしまえば自分の一部となる。

そうなってしまえば無敵の道具だ。

複雑で直感的でない道具は、それを使うこと自体にエネルギーを浪費してしまう。

だから、感覚を磨くことができない。

扱うこと自体にエネルギー浪費をしてしまい、それが必要なことと勘違いしてしまう。

創造はシンプルな道具から生まれる。

水平線はシンプルかつ直感的な道具である。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)