トレードの利益は金額として見えるものと、損切りの裏に隠れて見えないものがある。

初心者の頃は、いくら勝った、いくら負けたと金額にばかり目がいってしまうが、毎回のトレードごとに一喜一憂しないために、利益はトータルで考えるべき。

始めは月単位でプラス、これができたら週単位、日単位と期間を短くしていけばいい。

トレードすることで得られる利益もあるが、トレードしないことで得られる利益もあるということに目を向ける。

利益を積み上げるには、トレードすることよりも、トレードしないことで利益を減らさない方が重要。

チャートを開くと「今スグトレードしたい」となるのはダメ、「どこで待とうか」くらいがちょうどいい。

損切りはトレーダーにとって必要経費だが、お金をドブに捨てるような損切りはただのムダ使い。

トレードするところ、トレードしないところ、それを明確にルール化する。

ルールを被ってしまうこともあるが、それはそれでいい反省材料になる。

問題なのは、お金をドブに捨てていることに気づかず、目先の利益ばかりを追い求めること。

トレードも人生も、こうなったら道を踏み外す。

見えないところにこだわる。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)