身の安全が保障されている場所では成長しない。

photo credit: Yearning for doorknob via photopin (license)

「バチッ!とくるかな、こないかな」
「え~い、いてまえ」

安定を求めると、どこにも行けなくなる。

安定とは、安く定まると書きます。安らかである代わりに、固定され、どこにも行けなくなります。社会の常識では「安定」を目指すことは堅実とされますが、ただの停滞ともいえます。

安定の反対は、自由かな。文字通り、自分の理由で動けますが、何の保障もありません。

僕のしているトレードは、お金を投げて、お金を得るゲームで、始めにリスクありきで、安定とは全くかけ離れたものです。

まぁ。ある意味、究極の日銭稼ぎです。

サーカスの象という話をご存知でしょうか?野生の象なら簡単に引きちぎる鎖も、小象のうちから繋がれていると、それが当たり前になって、どこにも行かなくなるといいます。

飢えることのない生活の代わりに、自由を放棄しているという、サラリーマンを風刺した極端な例え話ですが、確かに、人より長い鎖と、人より大きなエサ鉢を求めて、競争率の高い難しい生き方を強いられているような気がします。

損して得取る。

トレードは決着のつくのが速いです。数分から数時間でケリがつきます。チャンスの数だけリスクもありますが、お金を稼ぐチャンスは毎日あります。

ひとつひとつのトレードを起業と考えると、出店と閉店のスピードが半端じゃないです。なので、僕から見ると借金をしてお店を構えるほうが、トレードなんか比べ物にならないくらいリスクが高いと思います。実業は勝負がつくのに時間がかかるので、その間、働きながら、ずっと含み損をかかえないといけません。

トレードも事業も限度を越えた損失を出すのは、市場調査もせず、自分の思い込みだけで始めてしまうタイプです。

成功させるコツは、損失をなるべく小さくしながら続けることでしょう。これなら仮に失敗しても、再出発可能です。

小さく損切りして、とにかく続ける。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)