全ての波を拾おうとすると負ける。

初心者トレーダーによくある勘違いは、すべての波を拾うのがプロだと思っていること。実際には、捨てる波と、拾う価値のある波を選別することがトレード技術であって、すべての波を拾うことではない。

サーフィンはパドリングで沖に出て、ひたすら自分の波を待つ。

トレードと同じく待つのが仕事。

波に乗る時間より、波を待つ時間の方がはるかに長い。

すべての波を乗りこなそうとすると、かえってビッグウエブに乗るチャンスを失う。

買いと決めたら買いだけ。

売りと決めたら売りだけ。

そうする方が、売りも買いも臨機応変にトレードするより良い成績が残しやすい。

自分の得意な波だけトレードすればいい、あとの波は欲を出さずに捨てればいい。

捨てる波あれば、拾う波あり。

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • こちらにもブログランキングがあるのに気づきました。
    ぽちっとしときますね。
    こちらも楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)