トレードにおいて「待つ」ことができるか否かが、トータルで利益を残せるトレーダーと利益を残せないトレーダーに分けていると言っても過言ではない。

たとえ、相場観が身についていても、ムダ打ちによる損切で簡単に利益が帳消しにされてしまうのが現実。

待てない原因は、待てず損した感情部分しか残せてないから。

人間の記憶なんてあやふやなもの、だからノートに記録する。

どんな根拠でエントリーして、そのときどんな感情が湧いたのかを記録すれば、その損失は、未来の行動につながり、何倍もの利益となって返ってくる。

エントリー根拠+感情で負けパターンをノートに残す。

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 迷晴れブログを有り難く読ませていただいております。 感謝です・・・

    待てないトレード=勝てないトレードです。
    まさしく、自分のトレードと自覚し・・・

    「エントリー根拠+感情で負けパターンをノートに残すこと」
    これから課題として、取り組んでいきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)